セフレの定義とは?男がセフレにすること・しないこと【本命彼女との違い】

セフレの定義とは?男がセフレにすること・しないこと【本命彼女との違い】

セフレ・出会い系

貴方はセフレの定義について正しく理解していますか?

こちらでは男性目線からセフレの定義について解説します。

このセフレの定義について、一番気になるのは女性だと思います。

ぶっちゃけ男はセフレの定義とかは、そんなに気にしていません。

ただ女性の場合はセックスすると気持ちが入ってしまうので、死活問題だと思います。

こちらではそんな悩める女性のために、セフレの定義について解説します。

→セフレから本命彼女になる方法

 

セフレの定義とは?

まず最初にセフレの定義について解説します。

男性におけるセフレの定義は以下の通りです。

参考にしてみてください。

 

1.男性にとってのセフレは性欲を満たすだけの相手

結論から言うと、セフレは性欲を満たすだけの相手です。

女性の場合はセフレの延長線に彼氏もありですが、男性の場合は明確にセフレと彼氏を分けています。

重要視するのは手軽に会えるか?体の相性が良いか?

といったセックスに関することしかありません。

理想はすぐに会えて、セフレの家でセックス出来て、体の相性が良くて、ピル飲んでいれば完璧です。

それ以外は束縛しない、干渉しない、めんどくさくないといった要素でしょうか。

はい。最低ですね。でも男にとってのセフレはそういう存在です。

唯一例外があるとするならば、最初からお互いに好意を持っていて、なりゆきでセフレになったパターンです。

その場合はセフレから彼女への昇格はあり得ます。

 

2.セックスもする女友達はセフレではない

女性からすると信じられないかもしれませんが、男性は女友達ともセックスします。

というかこれを書いている自分も、セックスする女友達は複数人します。

共通の趣味を持っていたり、仕事の取引先の女性ともセックスした経験があります。

女性からするとセックスは好きな人とするイメージがありますが、男性は必ずしもそうではないです。

相手が女友達であってもセックスしたいんです。

だからそういう人とは普通に一緒に遊んだり、何気ない会話を楽しんだりもしています。

※このタイプの場合は何かのきっかけがあれば、彼女に昇格はあり得ます。

 

男性がセフレにだけする行動

続けて男性がセフレにしかしない行動を解説します。

改めてみてみると、本当にクズな行動しかしてないですね。

具体的には以下のような感じです。

  1. 一緒にいるときは必ずセックスする
  2. 友達や親に紹介しない
  3. 急に会う約束を取り付けてくる
  4. 一方的に連絡する
  5. 今後の二人の話をしない
  6. 基本的にはお金をかけない
  7. 会話を面倒くさがっている

ただこれは男性的には、女性が本気にならないためにこういう態度を取っている側面もあります。

中途半端に優しくして、本気にさせるのが一番つらいですからね。

それでは解説していきます。

 

1.一緒にいるときは必ずセックスする

まずはこれです。一緒にいるときは必ずセックスします。

ただ付き合いたての彼氏彼女では、会うたびに毎回セックスはよくあることなので問題ないです。

問題なのは女性が生理だと知った途端に、会うのをやめるパターンです。

この場合はセフレの可能性が高いです。

本当に好きな彼女であれば、セックスできなくても会いたいものです。

 

2.友達や親に紹介しない

そして友達や親に紹介しないのも、セフレの可能性が高いです。

自分もセフレは親や友達に紹介しないですね。

紹介したら「いつ結婚するんだ?」とか聞かれてめんどくさいからです。

それにセフレのことは秘密にして、墓まで持っていきたいと男性は考えています。

セフレがいることが、本命女性にバレるのが一番怖いからです。

なので基本的には友達や親には絶対に紹介しません。

 

3.急に会う約束を取り付けてくる

また急に会う約束を取り付けてくる場合も、セフレの可能性が高いですね。

なぜか?

ムラムラしたときにセフレに連絡をしているからです。

もっと言えばムラムラしていないときは会いたくないので、計画的に会う約束はしないのです。

なのでセフレに連絡するときはいつも急ですね。

「今日暇?」「今から会えない?」「午後空いてる?」みたいな感じですね。

 

4.一方的に連絡する

一方的に連絡する場合もセフレの可能性が高いです。

こちらがムラムラしている時だけ連絡するから、一方的に連絡するわけですね。

なにで連絡が来るときはいつも一方的です。

女性側からの連絡は返信しないか、適当に返信していることが多いですね。

 

5.今後の二人の話をしない

相手がセフレだと認識している場合は、今後の2人の話をしません。

というかする必要がないです。

セフレとの関係は都合が悪くなったら終わらせるし、今の関係が一番居心地が良いからです。

なので今後の話はせずに現状維持に終始します。

 

6.基本的にはお金をかけない

あと基本的にセフレにお金をかけないことが多いです。

最初に食事に行く、ホテル代を出す、飲み物くらいなら買ってあげる。

これくらいですね。自分がセフレに金をかけるのは

人によっては毎回のホテル代すら、セフレに出させている人もいるみたいですね。

当然プレゼントはありません。

あったとしても電マとかそういう類のやつです。

 

7.会話を面倒くさがっている

そして会話を面倒くさがる傾向があります。

セフレは彼女ではないので、会話するのが面倒くさいと思っています。

セフレといえど相手は女性、変に地雷を踏んでセックスできなくなると面倒だからです。

セフレとは日常会話をするよりも、セックス中に可愛い声で喘ぐ方が喜びます。

あとはエッチな会話もありです。

エッチな写メを見せて「抱いて」って誘惑されると、個人的にはうれしかったりします。

 

男性がセフレにしない行動+彼女にすること

続けて男性がセフレにしない行動をまとめました。

これらは彼女にしたい女性にしかしない行動です。

参考にしてみてくださいね。

  1. 娯楽デートのセッティングをしてくれる
  2. 友達や親に紹介する
  3. 事前に予定をちゃんと考えてくれる
  4. 遅れてもちゃんと返事をしてくれる
  5. 親身になって話を聞いてくれる
  6. プレゼントやサプライズがある
  7. 他の異性と仲良くしていると嫉妬する
  8. 結婚とか二人の今後を考えてくれている

それでは解説します。

 

1.娯楽デートのセッティングをしてくれる

最初はデートのセッティングをしてくれることです。

映画館やカラオケデート、食事、遊園地、ドライブデートとかを企画してくれることです。

これらの行為は彼女との絆を深めて、想い出を作る行為です。

セフレとはそもそも想い出を作る必要がないので、こういうデートはしません。

逆に離れたときにお互いにつらくなるからです。

 

2.友達や親に紹介する

あと本命彼女であれば友達や親に紹介します。

これは数年後の結婚を視野に入れているからです。

だからこそ紹介をしているわけですね。

逆にセフレは親や友達には紹介できません。

本当はセフレなのに、嘘をついてまで紹介する理由がないからです。

 

3.事前に予定をちゃんと考えてくれる

あと事前に予定をちゃんと考えてくれます。

彼女にも都合があることを考えていて、お互いに負担にならない日を探してくれます。

これは彼女に対して思いやりがある証拠です。

セフレに関しては基本的にそういう思いやりはありません。

会えないときは、「そうなんだ。んじゃあいいや」となるだけです。

 

4.遅れてもちゃんと返事をしてくれる

余程の甲斐性なしでなければ、彼女の返事はちゃんと返します。

何故かというと、彼女とは普通の会話をしていても幸せを感じるからです。

なのでちゃんと遅れても返事はします。

セフレとはそもそも会う時以外は会話はいらないので、返事を返したりはしません。

 

5.親身になって話を聞いてくれる

あと彼女の話は親身になって聞いてくれます。

女友達の場合もまあ話は聞いてくれます。彼女ほど親身ではありませんが…

逆にセフレの場合は話は聞かないです。

なぜかというと、そういう話は友達か彼氏にしろと思っているからですね。

彼女以外の女性に対して親身になると、本気になったときに責任取らないといけないから面倒だからです。

 

6.プレゼントやサプライズがある

あと彼女にはちゃんとプレゼントやサプライズをします。

なぜなら彼女の喜ぶ姿を見たいからです。その姿に自分も幸せを感じます。

誕生日プレゼントや、交際半年記念のサプライズとかもします。

セフレに対してはそういうプレゼントはしません。

むしろセフレに金を使いたくないと思っています。

自分はセフレに金を使うくらいなら、可愛くて中出し可能なNS・NNソープに行きます。

 

7.他の異性と仲良くしていると嫉妬する

あと彼女が他の異性と仲良くしていたら嫉妬します。

嫉妬しない男性もいますが、自分は嫉妬するタイプです。

だって彼女のことは本気で好きなので、束縛はしたくないけど嫉妬はしちゃいます。

逆に全く関心がない場合は、セフレの可能性が高いですね。

 

8.結婚とか二人の今後を考えてくれている

あと彼女とは今後の話をしてくれます。

数年後に結婚したい、これから二人だけの思い出を作りたい。一緒にここに住まないか?

といった話ですね。これも彼女としかしない話です。

まあでもお互いに結婚願望がない場合や、まだ若い場合はこういう話がないことはあります。

ただセフレに関しては、基本的にこういう話はしません。

 

男性がセフレにしたいと感じる女性

続けて男性がセフレにしたい女性について解説します。

ここら辺の条件を満たしてしまうと、彼女じゃなくてセフレでいいっかとなってしまいます。

  1. 簡単にセックスできる女性
  2. 恋人にするにはめんどくさそうな女性
  3. 価値観は合わないけど体の相性はいい女性

それでは解説していきます。

 

1.簡単にセックスできる女性

まずは簡単にセックスできる女性です。

男は基本的に狩人なので、セックスというゴールを与えてしまうと満足してしまいます。

「もうセックスしたし、セフレも確保できたから本命説くか…」

みたいにな感じになりかねません。

なので本気で彼氏が欲しいなら、安易にセックスしない方がいいです。

 

2.恋人にするにはめんどくさそうな女性

あと恋人にするには面倒くさそうな女性もセフレです。

例えば浮気をしまくっている、金遣いが荒い、束縛が強いなどです。

あとは家庭的な面が見えない、人として魅力を感じないなどです。

こういう女性は彼女候補ではなく、セフレ候補となります。

やっぱり恋人は一緒にして楽しくて、尊敬できる人がいいですね。

 

3.価値観は合わないけど体の相性はいい女性

あとは価値観は合わないけど、体の相性がいい女性です。

彼女にする場合は、価値観とか趣味が合っている女性がいいですね。

しかしセフレには体の相性くらいしか求めてないです。

あとはお互いにセフレ関係を希望している、手軽に会える、秘密を守ってくれる。

これくらいですね。それ以外は求めていません。

なので価値観は合わないけど、体の相性が良い女性はセフレとしてキープしたくなります。

簡単にセックスできて、簡単にイク女性とかセフレとしては最高ですね。

 

セフレとして長続きする方法

続けて自分はセフレだけど、セフレとして仲良くしていきたい。

そんな人向けに、セフレとして長続きする方法を解説します。

  1. 恋愛感情を持たない
  2. 束縛はしない
  3. 恋人にように振舞わない

それでは解説します。

 

1.恋愛感情を持たない

まずは恋愛感情を持たないということです。

あくまでセフレ関係なので、恋愛感情を持たない方が長続きします。

まあでも体の相性がいい男性だと、セックスすると好きになっちゃうことはあるんですよ。

私も狂うほど絶頂させたセフレからは、大体恋愛感情を持たれています。

なので頑張って恋愛感情を持たないようにしましょう。

必要ならば彼氏を作るのもありです。

 

2.束縛はしない

あとはセフレは束縛しないということです。

セフレはセックスするだけの関係なので、束縛を嫌います。

「彼女でもないのにさ。何束縛してんの?」と思われてしまいます。

なのでお互いに束縛しない、プライベートには不干渉なのがベストですね。

 

3.恋人にように振舞わない

あとは恋人のように振舞わないということです。

まあセフレなのに、何恋人みたいに振舞ってるの?ってなります。

男性にとって恋人とセフレは明確に違います。

そういった振る舞いをされると、面倒くさくなりそうだから、セフレ関係を切る人も出てきます。

 

セフレから本命彼女になる方法

続けてセフレから本命彼女になる方法を解説します。

結論から言うとかなり難しいです。

ですが自分は一度だけ、セフレ女性を彼女にしたことがあります。

  1. 一度都合の良いセフレをやめる
  2. 嫉妬させて独占欲を刺激する

その時の体験談を交えて解説します。

 

1.一度都合の良いセフレをやめる

まずは都合が良いセフレ関係をやめるということです。

自分の場合はセフレ関係だった女性が、いきなり自分の前から離れたんです。

理由は「〇〇君のちんこに不満があるから」でした。

そしていきなり去ってしまったんですね。

それを聞いて、男としてのプライドが傷ついたんですよね。

絶対にもう一度抱いてイかせてやる。

そう思ってしまったんです。

 

2.嫉妬させて独占欲を刺激する

あと独占欲を刺激して、嫉妬させるのも効果的です。

その離れていったセフレですが、その後すぐに別の男性とセックスしていました。

しかも「〇〇君より気持ちよくて、潮吹きしちゃった」とまで言ってきたんです。

めちゃくちゃ嫉妬しましたね。

自分のものだと思っていたセフレが、他人に奪われる。

しかも快楽で支配されてしまったことが許せませんでした。

嫉妬してそのセフレのことばかり考えていたら、自然とその子を好きになっていました。

そしてホテルに監禁して、妊娠するくらい激しいセックスをしていました。

セックスが終わった後に、彼女になってほしいと告白したのを覚えています。

これは一例ですが、それくらい極端でリスクのあることをしないと難しいです。

 

セフレと別れたい場合

あとセフレとの関係が辛くて、別れたくなる場合の対処法を解説します。

これらの方法が効果的ですね。

  1. 自然にフェードアウトする
  2. 好きな人が出来たと伝える

それでは解説します。

 

1.自然にフェードアウトする

まずは自然とフェードアウトする方法です。

徐々に連絡頻度を減らして、自然消滅を狙う感じですね。

セフレからの返事を定期的に無視してもいいです。

そういった感じで距離を置いていくことが効果的ですね。

ちなみに「別れましょう」とか言う必要はないです。

そもそもセフレって付き合っているわけではないので

自然消滅はある意味自然なことですね。

 

2.好きな人が出来たと伝える

あとは好きな人が出来たと伝えるのも効果的です。

セフレに共通の知り合いがいる、すぐに切りたい場合はこの方法がいいですね。

好きな人が出来たから、セフレを終わらせたいというのは自然なことです。

男の立場から見ても、好きな人が出来たら諦めるかって心境になります。

この方法は即効性もあるのでおすすめです。

 

セフレの定義まとめ

以上がセフレの定義でした。大事なのは割り切りですね。

自分がセフレだと思われていたとしても、それに対して適切に対処をすればよいだけです。

セフレから彼女になりたい場合は、覚悟を決めましょう。

ただしセフレ関係を続けながら、他に依存先を探す方が精神的に楽だとは思います。

ともかくしっかりと割り切って、正しく立ち回っていきましょう。

 

合わせて読みたい

 

タイトルとURLをコピーしました